専門医が丁寧に指導を行う

体質や性格に合わせた治療

ドクター

頑固な肥満の人は、自己流のダイエットでは、痩せるのは難しく、厳しい食事制限をするとリバウンドをしてしまったり、ダイエット前よりも体重が増加してしまう可能性もあります。肥満治療を行っている専門の病院では、専門的な知識を持っている医師が在籍をしているため、一人一人の体質や性格に合わせた治療法を提案してくれます。肥満で悩んでいる人は、高血圧や糖尿病、脂質異常症などの病気を持たれている人が多いため、血液検査や内臓脂肪の測定を行い、肥満のタイプに合わせた治療法を提案してくれます。栄養士が在籍をしているので、栄養価が高く、低カロリーな献立を作ってもらえるので、空腹感をあまり感じずに、食事療法を行うことができます。現代は以前の日本に比べると、食生活が大きく変化しており、運動不足気味の人が増えているので、肥満に悩んでいる人が増加しています。肥満気味の人は、痩せ型や標準体型の人に比べると、病気に罹りリスクも高まるので、適正体重を維持する努力が必要です。肥満外来に通院をしていても、すぐに結果が出ない場合がありますが、治療を受けることで、体質改善しやすくなり、リバウンドしにくい体を作ることができます。一人一人の体質によって、多少の個人差がありますが、体脂肪率を下げたり、体重を落とすことが可能になっています。太りやすく、痩せにくい体質で悩んでおり、容姿のコンプレックスを持たれている人は、肥満治療を受けてみると良いでしょう。

治療方法を把握しておく

聴診器

自力での方法ではどうしても肥満を改善できないという場合、医療機関で肥満治療を受けることができます。治療内容が分からずに不安だという人は、実際に医療機関に足を運ぶ前にあるていどの内容を把握しておきましょう。医療機関によっても方針が異なるため、行く場所によっても治療の行い方は異なりますが、主に食事療法、運動療法、薬物療法となります。食事療法としては、専門の医師、管理栄養士の方が食事計画を立て、そちらに従って食生活を行っていきます。計画としては、摂取カロリーを調整し、栄養バランスを重視した指導が行われます。また、咀嚼回数を増やしたりなどの食べ方のアドバイスも行われる場合もあります。運動療法としても、専門の医師と専門家が、その方に無理のない運動の指導、計画を立てていきます。薬物医療としては、食欲を抑える薬や、消化の吸収を阻害する薬などを処方されることになります。ただ、薬に関してはあくまでも補助となるので、メインで行う肥満の治療法としては、食事と運動となります。肥満外来では通院することによって費用がかかってしまいますが、その分メリットがたくさんあります。メリットとして最も大きいものとしては、適切な医療薬を処方してくれるという点です。処方される医療薬は医療機関でないと手に入りにくく、医師のもとで安全に摂取していくことができるという利点があります。しっかり治療を行ない、健康な体を維持していくようにしましょう。

まずはクリニックに相談

カウンセリング

そこまで体重が多くない方の中にも肥満症になっている人はたくさんおり、体脂肪率も基準の一つなので太っていないからといって安心してはいけません。昔と比べると、肥満児は少なくなってきましたが、30代から40代の年齢の方に増えてきている傾向があります。肥満症を治療するやり方はいくつかありますが、専門のクリニックで診察を受け、自分に合った方法をアドバイスしてもらうのがベストだと言われています。体重が基準を超えていて、体脂肪のみ正常の方は通常のダイエットで肥満症の治療を行っても問題ありません。体重のみ肥満症の方は、体重を自分に合った基準値に戻すだけなので、筋力アップや脂肪の燃焼を行う必要がないので完治させるのが簡単です。体重だけでなく、体脂肪率まで基準値を超えている方は、体重を落とすためのダイエットを行うだけでは完治しません。スポーツジムで筋力アップトレーニングをしたり、フィットネスジムで脂肪を燃焼させるために動いたりする必要があります。もちろん自身で運動を行う治療方法もありますが、フィットネスジムには専属のトレーナーがいるので、スムーズに治療を進めることができます。食事制限をしたり、運動をしたりすることが苦手でない方は問題ありませんが、中には専門のクリニックで肥満解消エステサロンを勧められる方もいるでしょう。肥満を解消させるために、エステサロンやマッサージ店に通う方はたくさんいるので恥ずかしいことではありません。ダイエットやフィットネスジムと比べてお金が掛かりますが、じっくり確実に肥満を解消することができるメリットがあります。ストレスの解消や疲労回復効果などのメリットもありますが、肥満解消後に再びリバウンドしてしまう可能性もあるので注意が必要です。